サイト管理人おすすめ教材

スーパーのチラシ広告は提案型に

スーパーマーケットの裏側を紹介する、みたいな番組を
見ていたら昨今のチラシ広告のトレンドを紹介していました。

朝刊には毎日のように近所のスーパーのチラシが入っているけど、
最近のチラシって提案型になっているようです。

チラシと言えば目玉商品の価格ばかりが強調されている、という
イメージしかなかったけど、提案型とはねぇ。

例えば

◎カレーのルー
◎細切れ肉
◎ジャガイモ
◎ニンジン

のそれぞれがセットになってチラシに掲載され、「今夜の夕飯にどうですか?」
と言った感じです。

価格だけを強調するよりこの方が消費者はイメージしやすく、
献立の参考になるってわけです。

毎日の献立を考える主婦(夫)にとってはワン商品のお買い得より、
この方が行動に移しやすい。それだけ、現代人は時間に追われている
裏返しでもありますが・・・


でも、イメージってのは消費者の購買意欲を高めるのに抜群の
効果を発揮しますよね?
提案を具体化すればするほどイメージ力は高まります。

ひな祭りには’ちらし寿司’、運動会には’から揚げ’
お月見には’お団子’、クリスマスには’チキン’などなど、
定番の組み合わせは普遍です。
どんな提案をするかで売上げが大きく変る商品はありますし、
提案によって定番商品になることだってあります。


番組で紹介していたスーパーマーケット(LIFEだったかな?)では
過去3年分のチラシを全て保存していたり、他店のチラシまで取り寄せて
研究していました。

そういう視点で色んな広告を見てみると、新たな発見が
あるかもしれませんよ!



チラシ広告は集客に大変有効です

あれは電波少年だったか?雷波少年だったか??

スーパーの広告チラシを片っ端から集めて
その中で一番安い食材を見つけ自転車で買いに行く。
一番安い食材でなければ料理にありつく事が出来ない
という過酷な企画でした。

チャレンジャーは広告チラシを集める必要はないのだけど、
(番組スタッフがチラシを集めて渡す)
大量のチラシから安い食材を探しそこへ行くのを繰り返すうち、
見る見る痩せていきました。


昨今は、特に一人暮らしをしている人は新聞を定期購読している
割合が減っていると思うけれど、新聞を購読していると近所の
スーパーのチラシ広告を得る事ができます。
主婦にとってはこのチラシ広告というのは大変便利な
存在です。


だからと言って、チラシ広告を得る為に新聞を定期購読するのも
何だかなぁ、と思う人も多いでしょう。
でも、今はネット上でスーパーやドラッグストアが作成している
チラシ広告を見る事が出来るようになりました。

同じ商品なら少しでも安い方を買いたいと思うのが
人情というものです。
自分の近所のスーパーが広告チラシを自社サイトで公開
しているのかをチェックしてみましょう。
3〜4店舗分をブックマークしておけば比較するのも簡単ですね。

ちょっとの時間を使う事で節約できるのならそれに
越した事はありません。

今後は全国にチェーン展開している大手スーパーだけでなく
街の八百屋さんや個人商店もネット上でチラシを公開する事で
集客アップを狙う動きが増えてくるでしょうね。

チラシ広告に未来はあるのか?電子媒体と紙媒体の行く末

私たちの身近は広告で溢れている、という事を当ブログで
何度か書いてきたと思いますが生活に密着した広告に
チラシ広告がありますね。

家のポストに無造作に入れられていたり、新聞の折り込みとして、
あるいは街中で配られていたりetc・・・
上記のようなプッシュ型の手法が取られる事があれば、飲食店や書店などの
店舗に設置されていて、自由に手に取る事ができるプル型とという
手法もあります。

一般的にチラシ広告と言うのは反応率がとても低いので、大量に
配布しなければなかなか効果を得られるものではありません。
チラシは”散らし”とも書かれるくらい、どれだけ(まき)散らす
事ができるかがポイントでしょう。

でも、高い人件費を払ってポスティングや街中で配布員を雇っているのを見ると
採算は取れているのかな??

例えば新聞への折り込みチラシなら特定の地域に宣伝できるので
ターゲットを絞る事はできそうです。
やはり肝心なのはチラシの内容でしょう。
先ずはチラシ広告を手にとってくれなければ意味はないのですが、
手に取ってくれた人を引き込むような内容でなければそのチラシは
即、ゴミ箱行きになってしまいます。
興味があれば空いた時間などにじっくり読んでもらえますからね。

昨今は電子媒体であるインターネット広告(ネット広告)へと需給がシフトしていますが、
それでもネットを利用しない(ネットで情報を集めていない)層というのも
まだまだいます。
そんな人にとっては紙媒体であるチラシ広告というのは貴重な情報源に
なっています。

チラシ広告業界の未来は決して明るいものとは言えませんが、
だからこそ、そこに新たな広告のヒントが隠されているようにも
感じます。

フィットネス&スパ”ワウディー”のチラシ広告

久々の更新となりました。

今回取り上げたい広告は『ワウディー』というフィットネススタジオの
チラシ広告です。

025.JPG

今やフィットネススタジオというのはターゲットが女性に
なっているんですね。
スリムな女性がヨガのポーズを取っている写真が目に付きます。

その右には『2,011円』の大きな赤文字が!

026.JPG  027.JPG

2011年にかけたキャンペーンの紹介です。よくある手法では
あるけど、これが使えるのも年初だけですからね!
通常、フィットネススタジオを利用するにはいくつかの料金プランが
あるけど2,011円という値段はあり得ません。

最初の2か月の月会費が2,011円というのはかなりお得です。

しかも、この”ワウディー”は入会金や手数料もかからないようですね。
2か月で辞めた場合はどうなるんだろう?
違約金とかかからないのかな??


裏を見て最初に飛び込んでくるのが

顧客満足度ランキング1位

の文言です。

029.JPG

■インストラクターの対応の良さ
■インストラクターの指導力

で1位を獲得したようです。

ん??2011年度って誤植では??
どうやらこのワウディーのUSPはトレーナーにありそうです。

一般企業で言えば対顧客と接する営業マンがトレーナーに
なります。そのトレーナーの対応力・指導力の高さは
フィットネス利用者にとってはジムを選ぶ重要なポイントですからね。


フィットネススタジオの定番メニューであるエアロビクスや
ヨガ、ピレティスをはじめ、ズンバや太極拳など多彩なプログラムが
用意されているようです。

031.JPG


正直、ワウディーというフィットネススタジオは聞いたことが
ありませんでした。
業界で有名な所と言えば”ルネサンス”や”メガロス”・
”スポーツクラブNAS”などですが、それらを抑えて顧客満足度が
高いと言うのは凄いですね!


最近、初めて加圧トレーニングというのを体験してきたんだけど、
トレーニングスタジオを利用する女性が本当に増えているようです。
特にアラサー・アラフォー世代がシェイプアップの為に積極的に
フィットネスを行っているんだとか!?

トレーニングのスタジオのイメージって既にスポーツをしている
主に男性が利用するものだと思っていたけど、そんな事は
ないんですね。

トラスト綜合法律事務所のチラシ広告

ここ数年で一気に法律事務所があらゆるメディアに広告を
出すようになりました。


特に多いのが『多重債務』の解決や『債務整理』を手伝うといった
内容です。

2010年6月より完全施行された改正貸金業法の影響もあるんだろうなぁ。

●借りられるお金は年収の3分の1まで
●専業主婦は配偶者の同意者が必要

など、これまでのように簡単に消費者金融を利用できなくなりました。
かと言って、借りられない人への受け皿がないザル法とも言われていますが・・・


今は武富士ですかね、CMで過払金の返還を呼び掛けているのは。
ラジオを聴いていると必ずと言っていいほど『借金問題〜〜』と
法律事務所がCMを流しています。


最近、郵便受けに『トラスト綜合法律事務所』という弁護士法人の
チラシ広告が入っていました。


先ず目に飛び込んできたキャッチコピーが

”多重債務。あなたに負担をかけない解決策。”

です。その横にはUSPになるのかな。

『トラストの着手金は業界最低クラス。29,400円』の文字。

Image336.jpg Image337.jpg

この29,400円という着手金が本当に業界最安値かどうかは、調べる必要が
ありますね。
その上には吹き出しで
『債務整理のご相談は無料です。』
とあります。

本当に多重債務で困っていて債務整理をしたいと思っている人には
嬉しい言葉ですね。
これはベネフィット=有益性、の一つだと思います。


チラシの裏には債務整理の方法が簡単に紹介されています。

■任意整理
■個人民事再生
■自己破産

の3つの方法があるようです。
そして、実際に債務整理をした人の体験談と整理前、整理後の
債務の金額が具体的に紹介されています。


誰に・何を・USPがしっかりと表現された広告だと思います。

”弁護士は、あなたを守る代理人です。”

という言葉も、債務整理に悩んでいる人には心強い言葉ですね。

Image334.jpg


但し、この多重債務を巡っての弁護士選びは慎重に行う必要があります。
残念ながら、中には悪徳弁護士と呼べそうなあくどい事をしている人も
います。

弁護士に頼む時はネットで評判を調べたり、無料相談をした時の反応などを見て、
安心できる弁護士に頼むようにしましょう。


Image335.jpg 

MR探偵学校のキャッチコピーは?

前回紹介したMRレディース相談室のチラシ広告の裏には
MR探偵学校の案内がありました。

MRには

●探偵マスターコース
●独立開業支援コース

の2つのコースがあり、探偵マスターコースは探偵の基礎から学びたい人向けで、
独立開業支援コースはその名の通り’探偵として独立を目指す’人向けに
なっています。

Image347.jpg Image346.jpg

サイトを見てみるとその費用は

●探偵マスターコース・・・420,000円
●独立開業支援コース・・・3,150,000円

とかなりの高額です。

一枚のチラシで依頼者と学校の2つを紹介するというのは
どうなんでしょうね?
しかもどちらも気安く出せる金額ではありません。

ネットの世界では『1サイト1商品』が鉄則だと言われますが・・・


毎月第3日曜日に無料セミナーが開催されていて、次回は
2011年1月23日に開催されます。

この広告チラシでどれくらいの問い合わせがあるんだろうか??

キャッチコピーやキラーメッセージが全く分りません。

”プロの探偵になれる1日!”

という一文があるけど勧誘があるのは確実だしね。
個人的にはどんな勧誘をされるのかちょっと興味がありますけど(笑)


でも、探偵になりたいと言う人はどんな人なんでしょうね。
コアコンセプトを作る時には『誰に』・『何を』・『USP』を常に
意識する必要があるけど『誰に』が思い浮かびません。


探偵に憧れている人・・・高額な報酬?過去に探偵に依頼経験がある人??

探偵にしか出来ない事を考えていけば探偵の強みが
見えてくるかもしれません。






探偵事務所『MRレディース』のチラシ広告

郵便受けにこんなチラシが入っていました。
株式会社MRレディース相談室からのチラシ。
(MRとは『Mission Research』)

Image342.jpg Image343.jpg

探偵という職業、一度は憧れた男性も多いのかもしれません。
私が子どもの頃は『シティーハンター』というアニメが流行っていて、
冴羽獠(さえばりょう)に憧れたものです。

依頼者はどんな相談を探偵事務所で相談するんでしょうね?
このチラシには主な調査項目として

Image344.jpg

●浮気調査・不倫調査
●子どもの素行
●家出人・人探し
●ストーカー対策
●企業信用調査

等が挙げられています。

その中で最も多いのが浮気調査のようです。
まぁ、3組に1組のカップルが離婚する時代ですから、少しでも
離婚を有利に進めたいんでしょうね。


私の主観からすれば探偵って、表の職業としての認知度が低いと思うんだけど、
一般的なイメージはどうなんだろう?

チラシにはマスコミへ取り上げられた実績が紹介されていました。

Image348.jpg


TBSの人気番組『アッコにおまかせ!』や同じくTBSの『ひるおび!』、
日テレの『スーパーテレビ』、テレ朝の『NEWS2007』などで紹介実績が
あるようです。

これは一つの強みですよね。
マスメディアの中でも巨大な影響力を持つテレビに紹介されると
認知度は一気に上がります。


船井総研の調べによると株式会社MRレディース相談室は業界日本一のようです。

Image345.jpg

NPO法人日本家族問題相談連盟(こんなNPOがあるんですね!)から
7年連続で『最優秀探偵社賞』と『特別功労賞』を受賞しているようです。


このチラシでターゲットにしている最も顧客となりそうなのは男女関係に問題が
ある人だと思われます。




応援ヨロシク\(^o^)/

にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ブログランキング


特選リンク
交通事故対策情報Blog
ブログパーツ探しは【ブログパーツ助っ人】
エテルナ
アニ好き☆にいる
主夫の徒然日記
婚活コンシェルジュ ブログページ
アメブロ ホームページ
お笑いニュース YouTubeニコニコ日和
リンクシステム

最近の記事

カテゴリ

  • seo
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。