サイト管理人おすすめ教材

イスラム教徒を呼び寄せろ!中国から東南アジアに目を向ける

昨日の情報番組で
”イスラム教徒に向けたマーケティング戦略
について紹介していました。

一般的にイスラム教徒がどこの地域に多いのかと聞かれれば、
中東を思い浮かべてしまいます。
ですが、実は日本から比較的近い東南アジアにも
イスラム教徒は数多く住んでいます。

そして、イスラム教徒は世界全体で約16億人もいるんだとか!?

物凄い数ですよね、この数字は中国の人口13億人を上回っています。


尖閣問題により日中関係は政治も経済も冷え込んでいます。
特に経済は観光客の減少・中国向けの輸出の減少
などにより大打撃を受けています。

対中関係を強化してきた日本経済はここにきて
その見直しに迫られています。


そんな中で注目されている新たな市場が
イスラム教徒の人々です。

東南アジアは親日の国も多く、反日感情丸出しの
中国と経済の友好関係を結ぶよりタイ・マレーシア・
フィリピン・シンガポールなどに目を向ける
動きがあります。


番組では日本観光の様子を放映されていました。
イスラム教徒というのはいかなる場所でも1日3度の礼拝を
欠かさないんですね。
だから、観光施設や宿泊施設にはその為の場所を
用意する必要があります。
その時、’キブラコンパス’と言う礼拝をする方向を示す
コンパスも必要になります。

イスラム教徒は同性同士でも肌を見せないという決まりが
あるようなので、宿泊施設には個室のお風呂(シャワー)を
用意する必要があります。

食事付いては’豚肉’は厳禁です。

こう書いていくと、イスラム教徒を観光に誘致するのは
大変だと感じてしまうかもしれませんが、それは目の前の
ビジネスチャンスを逃してしまう事になります。

大切なのは
”相手の事を思いやり、理解する”
と言う事です。

これは、元来日本人が得意としてきた
おもてなしの心
です。


【本日、気になった商品】

そろそろ来年の福袋が気になる(?)時期ですね。
『一年の計は福袋にあり』
なんて事も言う人もいます。

そんな福袋に対抗する”不幸袋”なる
商品があるようです。
こんな縁起でもないモノを買う人がいるのか?と
思ってしまうけど、これって盲点かもしれません。

この不幸袋を売る為にはどんなマーケティング戦略を
練ればいいのか?
これはよいマーケティングの勉強になりますね。

Facebook元年とIT革命

昨日より公開されている映画『ソーシャル・ネットワーク』は世界最大の
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・システム)”Facebook”の創設者である
マーク・ザッカーバーグ氏の半生を描いたもの。


日本での会員数は150万人程とmixi(2000万人以上)には遠く及ばないけれど、
2011年は『Facebook』元年と言われています。
今、次々とFacebookに関する書籍が発売され、実業家(特にネット関連の)が
その普及を呼び掛けています。
(因みに、今流行りの”Twitter”は昨年が元年と言われています。)


Facebookの可能性は未知数です。世界中で5億人以上の会員数を誇り、
原則として実名での登録が義務付けられています。
つまり、ビジネスマンから見れば会員登録するだけで5億人のマーケットに
参入できると言う事を意味します。


Facebookの登場によりインターネットの世界は新たな方向へと
シフトしようとしているようです。

従来のインターネットは匿名性が重んじられ、だからこそ
SEO(検索エンジン最適化)対策をしなければなりませんでした。
インターネットの世界は仮想空間だったわけです。

でも、Facebookは実名登録が原則です。
昨年3月、インターネットの世界で衝撃的な出来事がありました。
それが”Facebook、Google抜き米国でアクセス数1位に”というニュースです。


検索エンジンと聞くと”Yahoo”か”Google”を使っている人が圧倒的ですが、
昨年、Yahoo!JAPANがGoogleの検索エンジン採用する事を発表しました。
それだけインターネットユーザーは検索エンジンを利用しているわけだけど、
Facebookがそのアクセス数を凌駕したのです!


ただ、日本でFacebookの会員数が増加するかについては
『?』が付いてしまいます。
従来のソーシャルサービスが匿名文化だった日本では
実名を公開する事への心理的な壁は非常に高い事でしょう。


でも、真っ当なビジネスを行っているならFacebookに
参入するべきだと個人的には思います。
逆を言えば、実名が出せないようなビジネスをしている人は
’怪しい’、となってしまうかも!?


ある人は、

『Facebookの誕生で身分シャッフルが起きる』と言い、

またある人は、

『Facebookは産業革命以来の(IT)革命になるだろう』

と言っています。



女性の視点

こんばんは。GW最終日、あっという間の連休でしたね。このGW期間中に5月を迎えました。そう2008年が明けてから早くも3分の1が過ぎた分けです。一年なんてボーっと過ごしていたらあっという間です。

当たり前の事ですが商品がよければ物が売れる、という時代ではないですね。その商品をいかに世の中にプロモーション出来るかが商品の売り上げを左右します。ここで必ず忘れてはいけない視点があります。

それが女性の視点です。

調査によると家庭での購買の決定権を握っているのは奥さんだそうです。しかも圧倒的に!ならば、女性が見て「欲しい」と思わせられないような商品は必然的に売れません。最近、企業のホームページが変わって来ています。より女性向になったといえます。デザイン性、見た目が大きな購買要素になり、女性に受けやすいパッケージなりデザインを採用する企業が増えているのが世の流れです。

先日、ライフスタイル産業についてのワークショップに参加してきました。その時の講師の方も言っていましたが、女性が社会にこれだけ出てきているのに未だに男性目線の商売がまかり通っているのはおかしい、と言っていました。商品開発の現場でも50を超えたようないわば化石化した思考しか持たない人のアイデアより、休日には流行を負って街でウインドショッピングをしている若い女性社員からアイデアを貰った方がはるかによい商品開発ができます。

店舗の外観にしても同じこと、自分が入りやすい店作りをしなければ当然ながらお客は入ってきません。あるお店のショップ店員は自分がその店舗で働いていながら「私がお客だったら入り辛いな」と感想を漏らしたそうです。

女性社員が生き生きと働いている会社は業績がよい、というデータもあります。いつまでも従来の考えが抜け出せずに女性の才能を活かせない会社は21世紀は生き残れないでしょうね。

名刺から

メルマガでの紹介だったのかな?

こんな面白いビジネスに役立つブログを
見つけました。


名刺ブログ

名刺=ビジネスカードは初対面には欠かせない
ビジネスツールだけど、その時にインパクトのある
(ふざけたものではなく)名刺だったら
相手の記憶に残るものだろう。

ブログ筆者の堀内氏は文章コンサルタント
自らを名乗っている。

文章によって顧客をファンにも一見にもできる。

名刺ブログでは堀内氏が印象に残った名刺を紹介したり、アイデアのある名刺を解説しています。

よくよく調べてみると沢山の名刺があるもんなんですね。
真っ白な台紙にスミ一色の単調な文字ではつまらないし、
印象に残らないよなぁ。

最近はビジネスの現場だけでなく、個人の方が
自己紹介用の名刺を作っていますよね。
その方たちの名刺はまぁ個性的で面白い!


私は工夫を凝らした名刺を作ってみようかなぁ。

ブランド化は出来ないだろうか?

ブランドと聞くとどんなイメージがあるだろう?

■大企業にしかない
■(商品・サービス等が)高い
■自分には無縁

大手メーカーの○○シリーズやシャネルやグッチなどの
高額商品ばかりがブランド、とは限らない。


あなたの商品にだってブランド的イメージをつけるのは
可能だ!
そう’イメージ’
一言聞いただけでパッと思いつくような・・・

よくラーメン屋の店主でガンコ親父っているでしょ?
あんなのは良いブランドの一例ではないだろうか?
ラーメンなんてしょっちゅう特集をしているから
その中で
’ガンコ親父の作る〜ラーメン’なんて書かれれば
それは立派なブランドだと思う。


新宿駅前の’めがねスーパー’(だったと思う)が
ここには名物店員がいる。

彼は店前でラップを歌いながら商品案内をしている。
これが始まると売り上げが伸びるそうだ。
このように名物になるのに、コレ!という回答はない。

頭で考えれば差別化を図るよなアイデアが浮かぶことがある。

あなたの商品やサービスで
ブランド化できるよな事を考えてみよう。

タグ:ブランド



応援ヨロシク\(^o^)/

にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ブログランキング


特選リンク
交通事故対策情報Blog
ブログパーツ探しは【ブログパーツ助っ人】
エテルナ
アニ好き☆にいる
主夫の徒然日記
婚活コンシェルジュ ブログページ
アメブロ ホームページ
お笑いニュース YouTubeニコニコ日和
リンクシステム

最近の記事

カテゴリ

  • seo
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。