サイト管理人おすすめ教材

公共広告は何の為に広告を打っているの??

東日本大震災が起きた直後、AC=公共広告機構のCMが
テレビやラジオで数多く流されました。
中には「AC(エーシーぃ〜)」という高音の声に不快感を持った人もいたのだとか。

このAC=公共広告機構という組織は今年(2012年)で41年目を迎えます。

広告というのは広く告知する、という意味の略語であり、その伝達力は
計り知れないモノがあります。
ただ、ACの場合は企業が行う広告とは違い営利を目的とはしていません。
営利目的ではないなら、何を広く告知しているのか?

それは『社会貢献』です。
社会の役に立つような広告を社会の人に伝えると言う理念がAC公共広告機構には
あります。

営利を目的としていないのにどうして広告を打つ事が出来るのか?
それは約1300社にも上る企業がACの正会員となっていて、その会費で
運営費がまかなわれています。

よく、AC公共広告機構の運営は国民の税金によって行われていると
思っている人がいますがこれは違います。
前述の通り会員企業の会費です。


公共広告機構と名乗っている事から分るように公共を意識した広告が
作られています。
人々が社会生活を営む上でより住みやすいように公共意識を高めて
もらいたいのです。

なお、公共広告を出している組織はAC公共広告機構だけではありません。
ACの他にも
政府広報
JARO=日本広告審査機構
BPO=放送倫理・番組向上機構
なども公共広告を打っています。

まぁ、政府広報が営利広告を出す必要はないし、広告が適正なモノか
審査する組織も必要でしょう。
影響力が多大な放送業界を審査する組織も必要です。


 日本にて公共広告を出している組織というと、公共広告機構(AC)をはじめとして政府広報などや、日本広告審査機構(JARO)、放送倫理・番組向上機構(BPO)などがあるのですが、テレビなどのCMをみても色々印象に残るものも多いのですが、公共広告機構のCMやAC自体はイメージが強く感じられることがあります。




応援ヨロシク\(^o^)/

にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ブログランキング


特選リンク
交通事故対策情報Blog
ブログパーツ探しは【ブログパーツ助っ人】
エテルナ
アニ好き☆にいる
主夫の徒然日記
婚活コンシェルジュ ブログページ
アメブロ ホームページ
お笑いニュース YouTubeニコニコ日和
リンクシステム

最近の記事

カテゴリ

  • seo
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。