サイト管理人おすすめ教材

インターネット広告はテキストから動画の時代へ

インターネットの世界は本当に変化が早い。
次々と新しいサービスが提供され、おっつかないユーザーが
ほとんどでしゅう。

ネット広告の世界も日進月歩・秒進秒歩のスピードで
進化しています。

その中にはテレビと連携した広告戦略がありましたね。
「続きはWEBで」とテレビCMからネット検索をさせて
消費者を引き付ける手法です。
今でも時々この手のCMを見かけます。
でも、どのくらいの視聴者が実際にネット検索しているんだろう??

ブロードバンドの普及により今では多くの世帯で
インターネットを利用しているからこそなせる広告だと思います。


 私はテレビCMからネット広告(WEB広告)を見る事はないんだけど、(
興味のあるものではないので)楽しめる内容なんでしょうね。
ネット上なら時間という規制があるテレビCMとは違って
伝えたい事をしっかり伝える事ができますからね。


ここ数年で一気に増えたのが動画広告です。
やはりテキスト(文字)広告より動画の方が消費者は
理解がしやすいです。
長い文章を読んでいくというのは能動的な行為だけど、
動画を見るのは受動的行為なので楽ではあると思います。
動画が面白ければ見るのも苦ではないですし。


 ネット上に動画をアップしておけば後はユーザーの
判断に委ねられます。
商品の販売者としてはいかにユーザを惹きつけられる
動画を作成できるのかが重要となります。

そこで参考になるのが深夜(今は一日中やっていますが)に
放送されている通販番組です。
通販番組って一つの商品を10分、20分と紹介していますからね。
’ジャパネットたかた’や’ショップジャパン’などの
インフォマーシャルはよく考えられて構成されているので、
動画広告を作成する時の参考になりますね。




応援ヨロシク\(^o^)/

にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ブログランキング


特選リンク
交通事故対策情報Blog
ブログパーツ探しは【ブログパーツ助っ人】
エテルナ
アニ好き☆にいる
主夫の徒然日記
婚活コンシェルジュ ブログページ
アメブロ ホームページ
お笑いニュース YouTubeニコニコ日和
リンクシステム

最近の記事

カテゴリ

  • seo
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。