サイト管理人おすすめ教材

チラシ広告に未来はあるのか?電子媒体と紙媒体の行く末

私たちの身近は広告で溢れている、という事を当ブログで
何度か書いてきたと思いますが生活に密着した広告に
チラシ広告がありますね。

家のポストに無造作に入れられていたり、新聞の折り込みとして、
あるいは街中で配られていたりetc・・・
上記のようなプッシュ型の手法が取られる事があれば、飲食店や書店などの
店舗に設置されていて、自由に手に取る事ができるプル型とという
手法もあります。

一般的にチラシ広告と言うのは反応率がとても低いので、大量に
配布しなければなかなか効果を得られるものではありません。
チラシは”散らし”とも書かれるくらい、どれだけ(まき)散らす
事ができるかがポイントでしょう。

でも、高い人件費を払ってポスティングや街中で配布員を雇っているのを見ると
採算は取れているのかな??

例えば新聞への折り込みチラシなら特定の地域に宣伝できるので
ターゲットを絞る事はできそうです。
やはり肝心なのはチラシの内容でしょう。
先ずはチラシ広告を手にとってくれなければ意味はないのですが、
手に取ってくれた人を引き込むような内容でなければそのチラシは
即、ゴミ箱行きになってしまいます。
興味があれば空いた時間などにじっくり読んでもらえますからね。

昨今は電子媒体であるインターネット広告(ネット広告)へと需給がシフトしていますが、
それでもネットを利用しない(ネットで情報を集めていない)層というのも
まだまだいます。
そんな人にとっては紙媒体であるチラシ広告というのは貴重な情報源に
なっています。

チラシ広告業界の未来は決して明るいものとは言えませんが、
だからこそ、そこに新たな広告のヒントが隠されているようにも
感じます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/277652802
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



応援ヨロシク\(^o^)/

にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ブログランキング


特選リンク
交通事故対策情報Blog
ブログパーツ探しは【ブログパーツ助っ人】
エテルナ
アニ好き☆にいる
主夫の徒然日記
婚活コンシェルジュ ブログページ
アメブロ ホームページ
お笑いニュース YouTubeニコニコ日和
リンクシステム

最近の記事

カテゴリ

  • seo
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。